HOME>ホットトピックス>修理は店舗に持ち込み、その上でスタッフが修理内容を判断

まずはスマートフォンを持ち込む

修理

故障理由は様々ですが、iphoneが故障してしまった場合は、できるだけ早く名古屋のiphone修理の店舗に持ち込むことです。修理の担当者は、現物を見なければどういった修理が必要なのか、ということを判断することができません。そのため、故障したiphone本体を持ち込むことが先決です。そのうえで、修理内容と修理にかかる時間が伝えられます。バッテリーの交換や割れてしまったディスプレイの交換であれば、ほんの30分ほどあれば完了するため、お昼休みを使って持ち込むことも可能です。

修理にかかる料金の相場を調べておく

修理にかかる費用というのは、iphoneの機種によって大きく異なります。そのため、修理に出す前には一応の相場を知っておくと役に立ちます。iphone修理に関しては、機種が新しいほど修理代金は高くなると言った傾向が強いです。その理由は、部品の流通が少ないことから、それだけ修理に対するコストがかかってきてしまうためです。例えば、最新機種のディスプレイの交換については、かなり高額な料金を請求されます。名古屋の非正規店の場合には、2万円以上の修理代が罹ることを予め理解しておくと驚かないでしょう。

広告募集中